石田のヲモツタコト

書いてるのは 石田剛 です。

【重要】まずは「石田のヲモツタコト」の中の人と「その他の石田」の分離を読んでください。

いわゆる「二連ポスター」といわれるもの

# 2007/7/14思うところあって表記を変えた 2連→二連
# 2007/2/26訂正あり

岩永さんへ。石田と申します。
石田は多摩市民ではないですが、わりと近くに住んでいます。岩永さんは、まだまともな感性を保っておられるんですね。

http://www.janjanblog.jp/user/hisa3120/hisaka3120/image/8345.jpg
 名前や顔を覚えてもらうことはとっても大事なことだと思う。でも、それはとても難しいこと。


ずいぶん正直に言っちゃいましたね。けど、石田はそれでむしろ 好感度UP でした。
岩永さんはご承知だと思いますが、あのポスターのタテマエはたいてい「演説会の告知」のはずです。実際は顔と名前を覚えてもらう目的であっても、それをご自分でお認めになる方は、石田ははじめてお見かけしました。
(2007/2/26訂正)この岩永さんが紹介されたポスター自体は、演説会の告知ではないようですね。失礼しました。党の意見広告のような性質のポスターのようですので、顔と名前を覚えてもらうことも、最初からまっとうな目的に含まれていると理解すべきでした。お詫びして訂正いたします。みなさんすいませんでした。

 来年は統一地方選挙。街の中に国会議員と一緒に微笑む顔がだんだん増えてきたいる・・・・。そしてとうとう私も・・・。これはいわゆる「2連ポスター」といわれるもの。


石田はいわゆる「二連ポスター」はズバリ嫌いです。カネをかける者が選挙に勝つ要因のひとつだと考えているからです。けど、その主な責任は政治家ではなく、有権者にあると石田は考えています。
「二連ポスター」の問題は、「街の美化」という問題よりも、地方議会の議員を (1)条例の提案能力*1, (2)予算と行政の監視能力, (3)議会で議論する能力, (4)市民の要望を実現する能力 などで選んでいない、有権者の投票行動の問題の方がずっと重要だと石田は考えています。

 果たして、このポスターの効果がどのくらいあるのかなあ。


石田はこういうポスターを見かけたら、即座に「減点1」です。さらに、そのポスターが公共物に貼ってあったり、所有者に無断で貼ってあったら「減点100」です。岩永さんのポスターを、道路や川や公園の柵などで見かけることが無いことを期待しています。
万一みかけたら、このページでお知らせ差し上げますからご安心を。
ご参考:公共物に貼ってあるポスターを見るとどんよりする - 石田のヲモツタコト


ところで、コメント欄で「選挙活動の一環」と発言されている方がいらっしゃいますが、これは岩永さんのコメントで否定されておいた方が良いのではありませんか? 今「選挙運動」をやってると、それは法に触れますよ。
あのポスターのタテマエは「政治活動」ですよね。(石田は岩永さんと違って心が汚れているから、タテマエなんて言葉が出るのかなぁ?)

*1:石田は「制定能力」ではなく「提案能力」で良いと考えています。議員の方は大所高所から提案し、細部は市職員の方が詰める事ができれば、それで良いと考えています。