石田のヲモツタコト

書いてるのは 石田剛 です。

【重要】まずは「石田のヲモツタコト」の中の人と「その他の石田」の分離を読んでください。

吉田つとむ氏の 2007/3/5 付けブログエントリについて(の続き)

吉田つとむ氏の 2007/3/5 付けブログエントリについて - 石田のヲモツタコトの続きです。

 そうした観点で、そのブログに以下の私の意見を書き込みました。

石田が確認した限り、そうしたコメントを受信した様子は無い。しかし、石田が「はてな」の機能を十分に使いきれてないだけで、実は自動拒絶した記録を石田は参照できるのかもしれない。けど、今のところそういうことを確認できない。
石田が吉田氏のコメントを手動で管理者削除した覚えは無い。これは明確に無いと断言できる。

 ポスター掲示に関して、本人が無断掲示をするはありません。また支援者の人が、無断で他人の土地にポスターを貼る例は100の内に1のこともないでしょう。(中略)一般に土地所有者の人は自民党関係者と縁故が多くわが方のポスターが無断という例はさらに少ないでしょう。

吉田氏は、自分の陣営のポスターが無断掲出されている可能性を、明示的に否定していない。これは、政治活動において責任を負う立場の方の発言としては、不適切と考える。


仮に石田が政治活動をするなら、支援者に不当な政治活動をしている者がいないか細心の注意を払うだろう。その上で、「このような対策を講じているから、われわれは不当な政治活動はしていないと確信している。万一、不当な政治活動を見かけた方は、ご指摘いただければ幸い。ご指摘があれば事実関係を調査し、必要なら調査結果を公表して是正措置と再発防止策を講じる」との見解を公表するだろう。こうすることは政治活動に責任を負う者の責務だと、石田は考えている。

 石田さんは、「有権者としては、このようなポスターの主を落選させることで、意思表示するしかないよな。」とされのは、個人としてまったく自由と理解しています。

同意。(言うまでもないことだが。。。)
有権者であるなしにかかわらず、何人も個人の責任において、このような主張を行うのはまったく自由であると石田は考えている。吉田氏がそのようにお考えであることは、民主主義にとって好ましいことだと、石田は考えている。