石田のヲモツタコト

書いてるのは 石田剛 です。

【重要】まずは「石田のヲモツタコト」の中の人と「その他の石田」の分離を読んでください。

きくちさま。コメントありがとうございます。

# 2007/03/24 脱字の訂正 1コ アリ
はじめまして。石田です。コメントありがとうございます。
頂いたコメント(こんな人材が大臣だなんて情けない(石田が言ったんじゃないですよ) - 石田のヲモツタコト)について、石田の回答も下に書かせていただいておりますので、よろしければごらんいただけたら幸いです。ところでその前に、よろしければ、下記の2点についてご教示いただけましたら幸いです。


Q1:
このコメントは kikulogオーナー のきくちさまによるコメントに間違いないですよね。最近、ニセモノ騒ぎがあったようなので念のため確認です。ニセモノでないことの確認のために、 kikulog のコメントに「本物です」とだけ返していただければ幸いです。


Q2:
石田はきくちさまのエントリに言及する際、「ですます調」ではなく「だ、である調」で本文を書きました。このことを(ちょっとでも)ご不快にお感じになられましたでしょうか? きくちさまのご意見を、今後よそのブログエントリに言及する際の書き方について、参考にさせていただこうと意図しております。


以下、きくちさまから頂いたコメントへの、石田の回答です。

僕は特別の事情がない限り、棄権しません。「棄権も意思表示のひとつだ」という考えには与しないので。

まったく同意です。

最善がないとしても、せめて次善・三善を選ばなければ、結局「最悪」が選ばれてしまう、と考えています。

ほぼ同意です。石田は「棄権は未知の当選者への信任だ」と考えています。石田はそのようなことはしたくないので、棄権しないことにしています。
とにかく、選挙では各自が自分の頭と責任で、投票行動を決めるべきと、石田は考えています。現行の選挙制度では、棄権するのは結果的に「当選者への信任」と同じと評価されると石田は考えています。石田は、誰にでも「棄権しないこと」を強く勧めています。