石田のヲモツタコト

書いてるのは 石田剛 です。

【重要】まずは「石田のヲモツタコト」の中の人と「その他の石田」の分離を読んでください。

町田市教育委員会が実施した調査はダメっぽい

町田市教育委員会は、市内の小中学生を対象に実施した規範教育に関する調査結果の概要を発表した。「うざい」「キモい」などの言葉を使うことについて、(中略)四割は「よく」「わりと」口にしている実態が分かった。

「四割」は少なすぎる。調査方法に問題があった可能性が高い。
日本ではほとんどの選挙で、事前の世論調査で「必ず投票する」と答える割合が、実際の投票率を大幅に上回っている。つまり、多くの日本人は匿名のアンケートでも見栄を張る傾向がある可能性が高いことが、既知になっているのだ。今回の町田市教委の調査でも、同じことが起こった可能性が高い。


この調査では、質問の仕方をこのように工夫すれば、より実態に近い結果を得られるはずだ。
問い:あなたの同級生に「うざい」や「キモい」という言葉を使う人はどのくらいいますか? 下記のそれぞれにおおよその人数を書き込んでください。「うざい」や「キモい」という言葉を使っているか、あなたがわからない人の人数は数えないでください。
(1)「うざい」や「キモい」という言葉をよく使う ______人
(2)「うざい」や「キモい」という言葉をたまに使う ______人
(3)「うざい」や「キモい」という言葉をあまり使わない ______人
(4)「うざい」や「キモい」という言葉をまったく使わない ______人


並みの常識を備えた人や、教育現場でまじめに教育に取り組んでいる人なら、「四割」が少なすぎることはすぐわかるはずだ。「うそつきは何の始まりなんだろう? - 石田のヲモツタコト」の件といい、町田市教委にわが子の教育の一部(しょせんごく一部なんだが)を任せるのは、すごく不安になってきた。