石田のヲモツタコト

書いてるのは 石田剛 です。

【重要】まずは「石田のヲモツタコト」の中の人と「その他の石田」の分離を読んでください。

頼まれたとおりに投票しちゃダメだよな

読売新聞から。

財政再建団体になった北海道夕張市は、今回の統一地方選から、候補者の公約や経歴を掲載する選挙公報を廃止する。

これに対し、市内の自営業男性(68)は「過去の選挙では、頼まれたりして投票していたが、結果的に市は破たんした。今回はちゃんと選ぼうと思っているのに候補のことが全然分からない」と憤る。

自治体が破綻したときに、その直接的な責任者は公職者だとは思う。しかし、民主主義でやってる以上、最終的な責任者は主権者であり、なかでも有権者の責任は重い。道義的には「頼まれたりして投票」した場合は、さらにその責任は重いだろう。ちなみに法的には、投票行動の責任を個別に問われることは無いことになってる。


石田は過去に、「誰かに頼まれたとおりに投票する者は、政治や行政に文句を言う資格は無い」との見解を発表したことがある。上記記事のコメントを述べた男性も、文句を言う資格は無いと石田は考える。
参考:

少なくとも棄権される方は、あなたの心のおおらかさが損なわれますので、以下のようなことを言ってはいけません。石田が今決めました。

(1)政治家なんて信用できないヤツばかりだ
(以下(9)まで続くが省略)

ただし、「誰かに頼まれた名前を書いた」方は、その頼んだ方に白紙委任しているので、その頼んだ方にだけしか言ってはいけません。ついでに頼んだ方は、いかにうっとうしかろうとも、その方のお話を全て誠実に聞き流す義務を負います。石田が今決めました。