石田のヲモツタコト

書いてるのは 石田剛 です。

【重要】まずは「石田のヲモツタコト」の中の人と「その他の石田」の分離を読んでください。

2007/04/11朝 鶴川駅前で今村るか氏と話した(公共物のポスター編)

# 2007/04/17 ちょっとなおした
2007/04/11朝 鶴川駅前で今村るか氏と話した(名刺編) - 石田のヲモツタコトの続き。
石田は 2007/03/19 に今村氏と直接会い、「公共物に今村氏のポスターが貼ってあるのを見かけた」旨を伝えた。さらに、この「石田のヲモツタコト」の URL を書いた名刺を渡し、「その場所は、この URL のサイトで公開している」旨も伝えた。
参考:本人に直接会ってこのサイトの URL を渡した - 石田のヲモツタコト


これを踏まえて、 2007/04/11朝 に今村氏と話した際に、石田が渡した URL のサイトを見たか尋ねたら、今村氏は「見ていません」と答えた。
石田なら、自分またはその支援者が不当な政治活動をしていれば、最優先でその善後策と再発防止策を講じるだろう。しかし、今村氏は「今村氏のポスターが不当な政治活動に利用されていること」を、石田にはっきり告げられたにもかかわらず、その石田が指摘した事実を確認することすらしていないらしい。石田なら、相手に頼み込んででも「不当な政治活動」の詳細を知ろうとするだろうし、指摘してくれた方には少なくとも感謝の言葉ぐらいは述べる*1だろう。今のところ、この件について今村氏から感謝の言葉は聞いた憶えはない。


石田が指摘した「公共物に貼られたポスター」のほとんどは、選挙が始まる直前まで貼られていた。これらについて、石田が位置を特定して伝えたのに、なぜすぐに剥がさなかったのかも尋ねた。今村氏は「他にするべきことがたくさんあり、それだけをしているわけにはいかない」との旨を答えた。つまり、今村氏には自身または支援者の不当な政治活動を是正する取り組みは、あまり優先順位の高い課題ではなかったということになる。一般に「政治家」にとっては、自身または支援者の不当な政治活動を是正する取り組みは、極めて優先順位が高いと石田は考えている。
今村氏が純粋な「政治屋」かはまだ不明だが、純粋な「政治家」でないことは明らかになったと、石田は考える。今村氏の仕事のうち、「政治屋の仕事」がどのくらいの割合を占めるのかは、まだよくわからない。

*1:ただし、石田は今村氏に感謝して欲しいとは思わない。