石田のヲモツタコト

書いてるのは 石田剛 です。

【重要】まずは「石田のヲモツタコト」の中の人と「その他の石田」の分離を読んでください。

散歩とごみ拾い

このところ散歩に出かけるときには毎度、火箸とごみ袋を持って行く。散歩しながらごみを拾う。石田と石田の家族が散歩する場所にごみが落ちていることが不愉快だからだ。
散歩のたびに、ごみ袋(町田市が配布する 20l のボランティア袋)はいっぱいになる。今度からごみ袋は3枚くらい持ち出そう。
参考:石田がしてることはボランティアじゃないよ - 石田のヲモツタコト


道端にたばこの吸殻が30本分くらい、まとまって落ちてることもある。誰かがここに灰皿の中身をまとめて捨てたらしい。この誰かが、人としての尊厳を回復するよう、主に祈ることにしよう。(石田はキリスト教徒じゃない。石田の信仰については「道路にごみが落ちてる - 石田のヲモツタコト」を参照)