石田のヲモツタコト

書いてるのは 石田剛 です。

【重要】まずは「石田のヲモツタコト」の中の人と「その他の石田」の分離を読んでください。

某所の待合室に「ゆほびか」があった

雑誌の「ゆほびか」だ。怖い物見たさでパラパラとめくってみた。眩暈がした。
肌がキレイになるらしい、極めて高額かつ動作原理が不明な装置の広告が、ひときわ強烈だった。