石田のヲモツタコト

書いてるのは 石田剛 です。

中学校の部活で熱中症

報道によると、町田市内の市立中学校で生徒が熱中症で倒れ、その後死亡したとのこと。報道では、休憩を取っていたことや、水分の補給もしていたことが報じられている。故人のご冥福を祈り、ご遺族の方にお悔やみを申し上げます。


町田市議会議員の方で、この件にブログで触れている方がいらっしゃる。

教師による管理は充分であったのか、市議会議員として、精査します。

そもそも熱中症にかからないための管理が適切かはもちろんのこと、傷病者に接した場合の応急処置の方法を、現場の教師の方が習得しているかも、対象をこの学校に限らず精査してほしい。救急車が来るまでのあいだ、応急処置をするかしないかで、生死を分けるケースもあるはずだ。