読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

石田のヲモツタコト

書いてるのは 石田剛 です。

学校の現場への一次救命処置の普及について(三遊亭らん丈さま コメントありがとうございます)

# 2008/02/19 タイトルの誤字訂正 一時 → 一次
# 2007/08/17 タイトルを改めた


三遊亭らん丈さま コメントありがとうございます。*1

三中の生徒さんの件ですが、学校教育部に問い合わせたところ、当日は水分補給は充分行っており、且つ、生徒さんが12:45に倒れた後、複数の教員が生徒さんの腋の下等を冷却する応急措置をとったということです。

情報ありがとうございます。一般に、熱中症が疑われる場合は、太い動脈のある箇所を冷やすのは重要な処置ですので、それがされる状況ではあったようですね。


けど、気がかりなこともあります。もし、熱中症が疑われる傷病者に、意識があるならば冷却と併せて水分(できればスポーツ飲料など電解質を含むもの)を飲ませるべきで、逆に意識が無い場合は一次救命処置(特に心肺蘇生法)を施すべきと、石田は承知しています。市内の教育現場で、教職員の方々がこのように対処できる準備ができているかが気になります。


参考:
404 Not Found
404 Not Found


一般に、 幼稚園, 保育所, 学校 など、多くの子供が集まる場所では、単純に人の母数が多いので、一次救命処置が必要になる機会が他の場所より多いだろうと推測しています。そして、これらの場所で適切な一次救命処置を行える人としては、第一に教職員の方を期待することになります。
したがいまして、石田としては学校などの教職員の方には、ぜひとも適切な一次救命処置が行える備えをしておいてほしいと考えています。


石田は、以前「市長への手紙」で町田市が学校現場における心肺蘇生法の普及に、どのように取り組んでいるかをお尋ねしたことがあります。いただいた回答を読んで、石田としては市の取り組みが十分かどうか、心もとないとの印象を得ております。らん丈市議からも、町田市の教育現場に適切な一次救命処置の備えが普及するよう、はたらきかけていただけますと幸いです。

石田が送った「市長への手紙」*2

町田市での、心肺蘇生法の普及に関する取り組みに関して、下記のお尋ねについてご教示願います。


心肺停止の傷病者が出た場合、救急車の到着を待つべきではなく、その場にいる「パスバインダー」が処置を始めるべきであることは、職員の方々はよくご存知のことかと思います。
参考:東京消防庁<安心・安全><救急アドバイス><身につけよう 応急手当〜応急手当の重要性〜>


以下、お尋ねです。
石田が求めている情報が、既に 町田市ホームページ などに公開されておりましたら、その URL をご教示願います。未公開であるならば、差し支えなければ公開し、その URL をご教示いただければ幸いです。


Q1:
町田市では、幼稚園や保育所、学校、市民ホール、競技場といった、多くの市民が集まる場所のスタッフの方に、「心肺蘇生法」を身に付けていただくための施策はなにかされていますでしょうか?


Q2:
子を持つ親としては、幼稚園や保育所や学校、のスタッフの方が、心肺蘇生法を身に付けておられるかは気になるところです。
こういう情報を、市で集約して WWW に公開していただけると助かります。


Q3:
幼稚園や保育所や学校には、 AED が設置されておりますでしょうか?
こういう情報を、市で集約して WWW に公開していただけると助かります。


なお、下記のことは石田はもう調べました。
(1) サイト内検索
町田市ホームページの「サイト内検索」で、「心肺蘇生法」で検索すると、「0件ヒット」になりました。
(2) Google検索
町田市ホームページを Google から、「心肺蘇生法」で検索すると、古い広報がいくつか見つかりましたが、ここには石田の求めている情報はありませんでした。
(3) 自動体外式除細動器AED)の設置を行っています
町田市ホームページの「http://www.city.machida.tokyo.jp/kurashi/iryo/2005.12.26/index.html」は読みましたが、ここにも石田の求めている情報はありませんでした。


お忙しいところ恐縮ですが、よろしくお願いいたします。

「市長への手紙」への回答*3

07町企広要第37号の2
2007年6月6日


石田 剛 様
町田市長 石阪 丈一(公印省略)


心肺蘇生法とAEDについて


日頃、市政につきましてご協力いただき感謝申し上げます。2007年5月14日に受付いたしましたご要望について、つぎのとおり回答いたします。


Q1.2について
町田市が管理する施設の市職員を対象に、毎年「普通救命講習会」を実施し、心肺蘇生法や自動対外式除細動器(AED)の取り扱いについて研修を実施しています。今後は研修実績として受講者数を「広報まちだ」に掲載していきます。


Q3について
2005年12月と2006年3月の2回で、町田市内の公共施設36箇所に自動体外式除細動器AED)を設置し、2006年10月にホームページ上に公表いたしました。その時点では公立小・中学校への設置はいたしませんでしたが、2007年夏頃の設置に向けて現在準備中です。これについては設置終了後にホームページに掲載する予定です。
また、市内公立保育園につきましては、現在設置はしておらず、今後の設置予定もありません。無認可を含む市内私立保育園及び私立幼稚園につきましては、各私立保育園及び各学校法人の判断で設置している状況であり、市として設置を求めていく考えはありません。
これらの施設についての自動体外式除細動器AED)設置に関する情報を、市のホームページに掲載する予定はありません。

*1:いただいたコメントが「なりすまし」でないことの確認は、していません。けど、たぶん 三遊亭らん丈市議 ご本人からいただいたコメントだろうと判断してます。もし「なりすまし」でしたら、その旨ご指摘いただけましたら幸いです。

*2:本文の全部。挨拶などの前置きの類は削除した。空白と改行と URL も加工した。

*3:改行や空白を一部加工した全文。