石田のヲモツタコト

書いてるのは 石田剛 です。

【重要】まずは「石田のヲモツタコト」の中の人と「その他の石田」の分離を読んでください。

石田自身は「石田のことじゃない」と認識した

# 2007/08/29 誤字訂正 1箇所 化学 → 科学

その理由は、菊池さんたちの形成しておられるネット上のコミュニティが以下のような構造に見えるからです。
・何かを指して「ニセ科学」と呼ぶ複数の専門家が集まっている。
・「何か」の内容は個々の専門家によって違う。
・その内容をピアレビューする仕組みがあるのか不明。
・にもかかわらず「何か」が「ニセ科学」であることを集団的に認定しているかのように見える。
・その認定を聞きたいという大勢の非専門家も集まっている。

コミュニティが形成されてるのかぁ。言われてみればそういう状況にはなってる気もする。とすると、石田が kikulog に付けたトラックバックやコメント(たいしたこと書いてないけど)も、この「構造」を構成する要素になっちゃってるんだろうか?
「専門家」がどういう方なのか不明だが、この場合は「科学者」とか「研究者」のことなのかな? だとしたら、石田は「非専門家」にカテゴライズされてるんだろうか?
まー、石田の言動を誰がどう評価しようとも、評価する方の勝手なんでそれ自体はかまわんのだろう。これが、「ニセ科学批判する非専門家」っていうレッテル貼りに発展したら、ちょっとイヤだが。
あと、石田自身は kikulog に「何かをニセ科学認定してくれること」を期待してはいない。主に、石田が考えるネタを拾う場所として利用させてもらってる。

・非専門家も認定活動に協力することで何らかの社会正義を実行したとの充足感を得ているようである。

だれのことを言ってるか不明だが、石田自身は「石田のことじゃない」と認識したことだけは、明らかにしておこう。したがって、この記述は石田への批判ではないはずだし、石田は特に不快な思いはしてないことも、念のため書き添えておく。
石田は、誰かの言動を批判するときは、可能な限り相手が誰であるか明示するように心がけている。不特定の方の言動を批判する場合は、どういう言動を批判するのか、なるべく明示するようにしている。そうしないと、ぜんぜん関係ない方に「えぇっ! オレのことか?」といった、不快な思いをさせてしまう恐れがあるしな。
あと、石田は「正義」ってのは大嫌いだ。「社会正義を実行したとの充足感」なんてものには興味無い。むしろ石田は自分がそういうことをしてると想像すると虫唾が走る。石田は単なる趣味で、かつ主に利己的な動機に基いて、「石田のヲモツタコト」を書いてる。


参考:
2007/04/11朝 鶴川駅前で今村るか氏と話した(名刺編) - 石田のヲモツタコト
駅の階段に乾電池が落ちてた - 石田のヲモツタコト
石田がしてることはボランティアじゃないよ - 石田のヲモツタコト