読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

石田のヲモツタコト

書いてるのは 石田剛 です。

近所の小学校でネズミを使った実験結果から眠ることの大切さを教えてるんだそーな...

教育 電波

回覧板に近所の小学校からの、「鶴一小だより」という印刷物が入ってる。わが子も、そう遠くない将来に、その小学校に通う予定だ。そんなわけで、「鶴一小だより」はいつも興味深く読ませてもらってる。
その中で、その小学校の副校長の方から、子供向けに朝会で話す内容の紹介があった。それによると、ある大学での実験結果をもとに、子供に眠ることの大切さを教えるつもりらしい。その実験とは、「ネズミを 2群 に分けて、一方は好きなときに眠れるようにし、他方は眠りそうになると箱をつついて眠れなくしたら、眠れなくしたネズミたちは健康を害し、ついには死に至った」とゆー実験だそーだ。


とりあえず、その副校長先生あてにメールしといた。メールの本文は以下の通り。*1


<メール/はじまり>
いつも「鶴一小だより」を、自治会の回覧で読ませていただいています。地域の学校教育を少しでも知る機会が得られること、たいへん嬉しく思っています。


ところで、先日読ませていただいた、「鶴一小だより 平成19年9月28日 NO6」について、少し気になるところがありましたので、石田の私見を述べさせていただきます。


この「鶴一小だより」に載っていた、「健やかな体を作る」の中で、ネズミを使った実験を紹介されて、そのことから子供に睡眠の大切さを教えるとの旨が書かれています。
石田も、子供に睡眠の大切さを教えること自体は、とても重要なことだと考えています。


しかし、このネズミを使った実験を紹介した後で、「このことから、人間にとって睡眠がどんなに大切かが分かったと思います」と、教員の方が子供に教えるのは問題が大きいと考えます。
問題は大まかに分けて (1)動物実験をヒトにあてはめることを教えるべきでない, (2)誤った実験結果の解釈を教えるべきでない の 2点 があります。


(1)動物実験をヒトにあてはめることを教えるべきでない
一般に、動物実験の結果をそのままヒトにあてはめるのは、誤りです。
世の中には、動物実験の結果がそのままヒトにもあてはまるような、誤った説明をすることで、ヒトにはとうてい効果が期待できない怪しげな健康食品の類を販売する、詐欺的な商売が蔓延っています。このような商売に引っかかることで、無駄な出費をしてしまう程度なら、その方個人の害は小さい(社会的な害は十分に大きい)のですが、ひどいケースになると、がんなどの重い疾病にかかっておられる方が、効果の怪しげな民間療法に頼った為に、有効な治療を受ける機会を失うケースもあると伺っております。


子供たちは、上記のような詐欺的商売にだまされない、基礎的な知識や判断方法を学ぶべきだと、石田は考えています。これに対して、動物実験をヒトにそのままあてはめることができるかのような、誤った知識を子供たちに教えることは、害が大きいと考えています。
また、子供たちに動物実験をヒトにそのままあてはめることができるかのような話を、教員の方がされることによって、上記のような詐欺的商売の片棒を、教員の方が担いでいることにもなりかねないと懸念しています。


(2)誤った実験結果の解釈を教えるべきでない
この実験結果は「ネズミを外的刺激によって強制的に眠ることができない環境に置くと、食欲が衰え健康に害を生じる可能性が高い」と解釈すべきだと、石田は読み取りました。この実験は極めて極端な環境での、しかもネズミによる実験であることに注意が必要です。
この実験結果から「毎日ちゃんと眠ることは大事なんだ」ということを理解したとしたら、それは実験の解釈が杜撰にすぎます。
おそらく小学生当時の石田がこの話を聞いたとしても、「俺は眠いときには眠るから、俺には無関係な話だ」としか聞き取らないでしょう。


この実験以外の知見から、ヒトにとって睡眠がいかに重要であるかは、子供に教えることができると石田は考えています。このことを子どもに教える為に、今回のような極端な実験結果を持ち出すのは、不適切と石田は考えます。


石田の私見は、以上です。
参考にしていただけましたら幸いです。
<メール/おわり>


この本文の後に、「読んだら『読んだ』旨だけは連絡して欲しい」旨と、石田の電話番号とメールアドレスと住所を書いておいた。そしたら、その副校長先生から電話で連絡があったが、石田はたまたま電話に出ることができなかった。そんで、留守電に「読みました」との旨だけが録音されてた。
いちおう念のため、石田から折り返し電話をかけて、「あのメールは迷惑でなかったか?」とたずねたら、「そんなことない。参考になりました」との回答があった。けど、この回答が本心か社交辞令かは、石田にはわからない。


あと、本当にこんな実験をやってる大学は、たぶん無いだろう。そりゃ、ずっと強制的に眠れないようにされたら、フツー死ぬよ。わざわざ実験しなくても、みんなそんなこと知ってるよ。


もうひとつついでに、石田がこの話を聞いた小学生なら、授業中に居眠りする子供を起こす教師に「オメー副校長先生のありがたいお話を聴いてなかったのか!」とか言って遊ぶかもな。

*1:冒頭で石田が名乗ってる部分と、末尾の連絡先を書いた部分は削ってある。あと、脱字を一箇所補った。この脱字のために意味がわからなかったとゆーことはたぶん無かったと思う。