読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

石田のヲモツタコト

書いてるのは 石田剛 です。

近所で見つけたナゾの看板


(2007/11/03 町田市内 場所はここ


「SPA健康科学センター」について、ネットで調べてみた。けど、 GoogleYahoo! と iタウンページ を試してみたが、何も見つからない。
というわけで、この看板を「ナゾの看板」と識別することにした。


地図を見ると、この看板を見かけた場所には「日本医泉療術院」と書いてある。
これは Google でサイトがすぐに見つかった。 iタウンページ にも載ってた。
日本医泉療術院

当院では、難病とされている尋常性乾癬や、リウマチ、更年期障害等、慢性疾患に対するトータルケアで、健康体に導く療法を行っています。
人は元々自然治癒能力を持っています。当院ではその力を最大限に引き出すよう、自然素材を利用して免疫力を上げる療法で、延べ2000人以上の実証例を報告しています。

(中略)

顧問医紹介
木下 勤 顧問医
(略)福岡県刈田町の現住所にて医院開業。(略)今日に至る。

(中略)

提携医院紹介
Dr. オヤマ診療所 小山 純 院長
(略)西洋医学・東洋医学代替医療の「統合医療」を目指し、四国地方で 「Dr. オヤマ診療所」 を開設。

(中略)

会社概要
会社名 有限会社日本医泉療術院
所在地 〒195-0072 東京都町田市金井8-24-26
(中略)
役員 取締役 加藤 史子


「日本医泉療術院」は医療機関ではないらしい。顧問医と提携医院が紹介されているが、顧問医は福岡県に居て、提携医院は四国にあるらしい。


apjさん の掲示板で 技術開発者さん*1 に教えてもらったところによると、医療機関でないものが病院や医院と紛らわしい名前を名乗るのは、医療法に違反する行為だとのことだ。そんで「日本医泉療術院」という名前は、紛らわしいと判断できるケースのようだ。
とりあえず、医療法第3条違反ね


とりあえず石田は、「尋常性乾癬や、リウマチ、更年期障害等、慢性疾患」などで悩んではいないが、そういう悩みを抱えるようになったときに、「日本医泉療術院」を訪ねることは石田はしないだろう。普通に医者に行く。
こういう症状で代替医療の類を用いるのは、石田にはもっとも無害な場合でも、カネのムダとしか考えられない。場合によっては、有効な治療を受ける機会を損なったり、有効な治療の効果を害する可能性すらある。
ただし「日本医泉療術院」でそのような有害なことが行われているか否かは石田は知らない。今のところ、知る必要も無ければ、これ以上「日本医泉療術院」について調べる必要も無いと考えている。

*1:この方のハンドルネームは 技術開発者 なのです。