読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

石田のヲモツタコト

書いてるのは 石田剛 です。

「貴方のお庭にも、マジンガーZの息吹を」 by 前田建設

息抜き

# 2008/01/09 書籍名誤り訂正 ただいま寄生虫 → ただいま寄生中 失礼しました。
# 2008/01/22 訂正 精製→精錬


poohさん の「「偽装」?:Chromeplated Rat」を読んで、こんなコメントをつけた。

あと、「この方は自分で考えることをやめたのでは?」と思う方は、残念ながら確かに増えてるんだと思います。石田がそう判断している指標は、(1)選挙の際の各陣営の戦術や結果, (2)インチキ商売(製品・サービス含む)の蔓延, (3)トンデモ本の売り上げ などがあります。この辺の事情にも暗澹たる気持ちにさせられることがあります。


すると、 poohさん からはこんな返事があった。

「自分で考えることをやめた方が増えているのかも」と云うのは、ぼくの主要な問題意識のありかでもあります。


さらに、同じコメント欄に apjさん の名前があるのを見つけて、『そーいや「マジンガーZ」に出てくる、脳を切除されて機械を埋め込まれた戦闘員のセリフに「自分で考えないのは楽だぞ」みたいなのがあったなぁ』ってのを思い出した。
これをきっかけに、くだらん妄想が湧き出してきた。


「自分で考えないのは楽だぞ」って人が増える問題への対処には、やっぱ光子力研究所が必要ってことかなぁ。
そーいや、前田建設に頼めば、貯水池の水面が割れてマジンガーZが出てくる格納庫作ってくれるんだよなぁ。
参考:http://www.maeda.co.jp/fantasy/project01/01.html


じゃあ、 apjさん がジャパニウム合金の工業的精錬法を確立して、大もうけした暁には、きっと作ってくれるだろうから、見せてもらいに行こう。
参考:http://www.maeda.co.jp/fantasy/project01/11.html


くだらん妄想は終わり。
フィクションの世界では「脳を改造されたり喰われたりして、自分の頭で考えられなくなった人々」*1って気味の悪い話は、けっこう出てきてた気がする。けど、現実はある意味フィクションより気味が悪い。脳の改造などしなくても、自分の頭で考えない人は社会に浸透しつつあるのかもしれない。

*1:すぐ思いつくのは、マジンガーZ, ただいま寄生中(あさりよしとお), ゼビウスナムコ)なんかがある。小説でも読んだ気がするが、名前が思い出せん。