読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

石田のヲモツタコト

書いてるのは 石田剛 です。

「だれが原子をみたか」はなぜ品切れなのか

教育

表紙
だれが原子をみたか (岩波科学の本)
江沢 洋 (著)
岩波書店 (1976/06)


先日、「だれが原子をみたか」を、市の図書館で借りて読んだ。
すごく面白かったし、ぜひともわが子に読ませたいと思った。


こんな良い本だから、さぞかしたくさん刷られてるんだろうと、ふと思って奥附を見てみたら、なんと石田が読んだ本は7刷*1だった。しかも、ごく最近刷られた物だ。
この本の初版はたしか 1970年代 のはずだ、ということは刷られた回数がすごく少ないということなのだ。


石田は「ええぇーーーーーーっ!?」と思って、ちょっとググってみたりしたところ、どうやらこの本は長らく絶版であったものが 1998年 に復刊した物らしい。しかも、現時点で版元「品切重版未定」だ。
石田はこの本をわが子の中学進学祝いに贈る予定なので、ぜひまた復刊して欲しい。
参考:「科学について、あらゆる人がその知識をもつことの大切さ」は「言うまでもない」か? - 石田のヲモツタコト


ちなみに、石田には他にも「ぜひともわが子に読ませたい本」がある。そのひとつが「理科系の作文技術」だ。石田の手元にあるこの本は56版だ。
この本は、わが子の大学進学祝いか、または就職祝いに贈る予定だ。


2008/12/06 追記:
復刊ドットコムにリクエストした。リクエスト数は 2008/12/06現在 14票 だ。道遠し。
だれが原子をみたか 江沢洋 復刊リクエスト投票
だれが原子をみたか 復刊投票コメント
# 復刊の趣旨にご賛同いただける方々は、ぜひリクエストをお願いします。


2013/01/19 追記:
2013/01/17に復刊した模様。めでたい。


cover
だれが原子をみたか



*1:もう返却してしまったので、あいまいな記憶で書いてるが、たぶんだいたいあってる。