読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

石田のヲモツタコト

書いてるのは 石田剛 です。

極端な例を安易に一般化すべきでない

三遊亭らん丈市議が、ブログでまずい発言をしている。*1


「お役人の言い訳」 - 町田市&真打“三遊亭らん丈”の「いやはやなんとも日記」

 それまで、正午から午後1時まで閉庁していたので、それを開庁すべきだと逢坂町長が提案したところ、そんなことをしたら町民が庁舎に殺到し、お待たせしてしまうので、閉庁したままにした方が良いと具申した職員がいた、というのです。
 恐れ入った理由ですね。
 このように、役人という方々は、できない理由を考えさせたら天下一品です。


念のため数回読み返したが、どう読んでも特殊な事例を「役人」一般にあてはめる発言になっている。らん丈市議自身は、この発言の意味をよく考えずに発言した可能性が高いが、市議会議員の職にある方の発言として、これはすごくダメだ。
これを良心的な町田市職員の方が読めば、ちょっとはがっかりするだろう。もしかしたら、すごくがっかりするかもしれない。


石田はこのらん丈市議の発言を、いち町田市民として、とても残念に思っている。
石田が普段の暮らしで接する町田市職員の方々の大半は、このらん丈市議の発言のような方ではない。いちおう、過去に石田が公開したものの中から、その様子が読み取れるものを挙げておく。
町田市議会の会議録で市民病院の小児科医のはなし - 石田のヲモツタコト
市長への手紙でした質問に回答があった - 石田のヲモツタコト


ただしまれとはいえ、誠実さを欠く応答を石田がもらうこともある。公平のため、その例も挙げておく。

*1:こういう場合、コメントで指摘して差し上げるのが親切なんだろうが、らん丈市議はそのようなコメントに誠実に応答しないことが既知なのでやめておく。
参考:らん丈市議にとってコメント欄でのやり取りは議論や会話ではないらしい - 石田のヲモツタコト