読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

石田のヲモツタコト

書いてるのは 石田剛 です。

「クォーク(第2版)―素粒子物理はどこまで進んできたか」の続きは買って読む

表紙
クォーク―素粒子物理はどこまで進んできたか (ブルーバックス)
南部 陽一郎 (著)
講談社 (1998/02)


図書館で借りて途中まで読んだ。続きは買って読むことにした。
高度な数学の能力を備えた物理学者の方が、面白い文章を書く能力も高いことは、偶然なのだろうか? それとも、物理学の論文を読み書きすることが、面白い文章を書く訓練になるのだろうか? わが子が何かの間違いで物理学者になってしまったら、このことについて注意深く彼を観察しよう。