読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

石田のヲモツタコト

書いてるのは 石田剛 です。

日本語読解に難があるのか、それともわざとなのか?

大阪市議会議員やってるらしい辻義隆とおっしゃる方のブログで、こんなの見かけた。

同じ医療関係者なのに、見解が正反対なので、どちらが本当なのでしょうか。神様以外不可能なのか、容易に安全に出来る手技なのか、素人にはわかりません。神様しかできないことを研修医にやらせたら、初歩的な判断ミス、容易に安全にできる手技だとしたら、初歩的な技術ミスということで、いずれにしても初歩的なミスに変わりはないと思います。

ふたつの見解「ただ、残念ながらすべての医療行為を1回で成功させるのは、神様以外には不可能です。」と「腹水穿刺は、手技の中でもどちらかと言えば容易に安全に出来る手技であると思います。」は、石田の知る限り正反対ではないし、両方本当だと仮定してもなんの矛盾も無い。両方本当なら「どちらかと言えば容易に安全に出来る手技」も含む「すべての医療行為を1回で成功させるのは、神様以外には不可能」というだけのことだ。
石田には単に、辻義隆市議が誤読しているようにしか見えない。この誤読が意図的なものでないとしたら、辻氏の日本語読解能力を疑わなければならない。

また、医療報道を斬るさんhttp://plaza.rakuten.co.jp/tinyant/diary/200901120000/

 おそらく針を刺しただけで大量出血するほどの凝固障害(血液が固まらず止血できないこと)があるとは思わなかったのでしょう。それほど重症だと予想しなかったという意味で「甘く見ていた」のだと思います。それがミスだと言われれば仕方がありませんが、病状が予想外に重いと言うことはよくあります。

とミスと言われても仕方がないとおっしゃっており、どなたの意見が医療関係者としては適切といえるのでしょうね。

ここでは「ミスと言われても仕方がない」部分を限定しているところは無視して解釈することで、前述のふたつの意見と相違があると主張している。これは、石田には意図的に文脈を読まないようにしているように見える。まさか、本当に意味がわからないわけではないだろう。


辻氏が引用しているみっつの意見は、石田が読む限り互いに異なっているところは見当たらない。辻氏が意図的に誤読しているのか、素で誤読しているのかは石田にはわからない。石田が大阪市民なら、どっちもイヤだな。