読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

石田のヲモツタコト

書いてるのは 石田剛 です。

自民党改憲案 Q&A の Q14 がひどい

twitterでも書いたことだが改めて書く。*1
自由民主党基本的人権に優越する概念を憲法に導入したいらしい。


日本国憲法改正草案 Q&A - 自由民主党 (PDF)

Q14 「公共の福祉」を「公益及び公の秩序」に変えたのは、なぜですか?



従来の「公共の福祉」という表現は、その意味が曖昧で、分かりにくいものです。そのため学説上は「公共の福祉は、人権相互の衝突の場合に限って、その権利行使を制約するものであって、個々の人権を超えた公益による直接的な権利制約を正当化するものではない」などという解釈が主張されています。
今回の改正では、このように意味が曖昧である「公共の福祉」という文言を「公益及び公の秩序」と改正することにより、憲法によって保障される基本的人権の制約は、人権相互の衝突の場合に限られるものではないことを明らかにしたものです。
なお、「公の秩序」と規定したのは、「反国家的な行動を取り締まる」ことを意図したものではありません。「公の秩序」とは「社会秩序」のことであり、平穏な社会生活のことを意味します。個人が人権を主張する場合に、他人に迷惑を掛けてはいけないのは、当然のことです。そのことをより明示的に規定しただけであり、これにより人権が大きく制約されるものではありません。


同じ Q&A文書 の末尾についている改憲案本文

第十二条 この憲法が国民に保障する自由及び権利は、国民の不断の努力により、保持されなければならない。国民は、これを濫用してはならず、自由及び権利には責任及び義務が伴うことを自覚し、常に公益及び公の秩序に反してはならない。


確かに現行の憲法の「公共の福祉」という表現はわかりにくい。けど、その解釈とされる「人権相互の衝突の場合に限って、その権利行使を制約するもの」というのは、基本的人権と衝突し得るのは基本的人権だけであることを示しており、これなら社会の合意として納得できる。


これが自民党改憲案では、その本文にある基本的人権を含む権利の濫用を禁じる規定の中で「公益及び公の秩序に反してはならない」と書き、その解説としてこれが「憲法によって保障される基本的人権の制約は、人権相互の衝突の場合に限られるものではないことを明らかにしたもの」だと言い切っている。
そんな馬鹿なことがあってたまるか。基本的人権と衝突し得るのは、基本的人権だけでなければダメだ。基本的人権に優越する「公益及び公の秩序」なんてあってたまるか。


「個人が人権を主張する場合に、他人に迷惑を掛けてはいけないのは、当然のことです」もひどくダメだ。
およそ社会生活を営んでいる人間で、他人に迷惑をかけずに生きている者なんか居るものか。そんなこともわからない者が基本的人権を制限しようとしているのだ。そんなことを認めるわけにはいかない。


石田の理解では、人が基本的人権を享有することに、いかなる責任も義務も伴わない。しかし、自民党にはそうは考えていない者が大勢居るのだ。それだけで、もう身の毛がよだつ思いだ。


件の自民党改憲案には、他にもツッコミどころがたくさんある。けど、それらは石田に言わせれば瑣末なことだ。一番恐ろしいのは、この基本的人権に優越する「公益及び公の秩序」の件であり、その件だけで自民党憲法を変えさせるわけにいかないことは、十分に明らかだ。

*1:あと、自民党改憲案Q&AのPDFはすごく重いので、リンクするだけでなく引用もして批判しておきたかったってのもある。