読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

石田のヲモツタコト

書いてるのは 石田剛 です。

通学路の歩き方の指導について

 先生から「学校のことを blog に書かないでほしい」って言われたので、もっと書くことにした。*1

石田から小学校の先生に宛てた手紙

 お世話になっております。
 息子1(小6) の父の石田剛です。


 子どもらへの、通学路での振る舞いに関する指導について、ご提案があります。


 石田の妻によると、学校直近の通学路において、道幅いっぱいに広がって歩く子どもの集団が、とても多いとのことです。


 石田は、家ではたびたび子どもらに「横に広がって歩いてはいけない」と教えています。その理由についても、道路はみんなのものであり、ゆずりあって利用することが大前提であること、横に広がっていると、すれ違う人や追い越したい人、その他その道路を利用したいいろいろの人に、過大な迷惑をかけるということを話します。


 たぶん、小学校 6年生 の子どもらの大半は、こういった道理を理解する準備はできていると考えます。理解していながら、実行できていないだけの子どもも、たくさん居るかもしれません。であれば、最高学年になったことに特別な感慨を抱いている子どもらに、「ワレらぁが、下の子らぁに、教えてやれぇや」*2と促せば、とてもよい結果が得られるのではないかと愚考します。


 このようなことは、本来、各家庭での私教育で解決すべきことだと、石田は考えております。しかし、現にその成果が不十分である事実がありますので、先生方にお手数なお願いをすること、たいへん恐縮ですが、ご一考いただけましたら幸いです。

--
石田剛 IshidaTsuyoshi

*1:石田でない個人名を含んでいる宛名を削り、石田のメールアドレスを含む署名部分(手書きではない)を消したことを除いて全文。

*2:ワレらぁ:you の複数形, 下の子らぁ:lower-grade student の複数