石田のヲモツタコト

書いてるのは 石田剛 です。

【重要】まずは「石田のヲモツタコト」の中の人と「その他の石田」の分離を読んでください。

「やりたくないことはやらない」は、ゴールではなくて出発点だ

# この記事は、 2014年4月13日 に公開したもの。*1


 今年の春は、小学校の「PTAの委員と係決め」に 2回 出た。そこで聞こえてくるのは、こんな声たち。

  • どの係だったら出る回数少ない?
  • 今年、これやったら来年は「免除」でしょ?*2
  • これやったら、他のはやらなくて良いんだよね?

 明らかに「ボランティアを募ってる」んじゃなくて、「やりたい人はまれにしか居ないから、それ以外はそっと押し付けあってる」のだ。


 もう、そんなことはやめよう。


 そもそもボランティアなんだから、「やりたい人だけが、やりたいことだけをやる。誰もやりたがらないことはやらない」が大前提であり、出発点でなければダメだ。「PTAに関わると、いろんな勉強になる」とか、「もっと多くの人に関わってもらってみんなで PTA を作っていきたい」とかの話は、上記の「大前提」の上に積んで行くのでなければダメだ。現状は、上記の「出発点」のはるか後方に立っている。ひょっとしたら後方ですらなく、ねじれの位置に居るのかもしれない。


 石田は今年、委員のひとつである「学級代表」を引き受けた*3。誰も立候補者が無く「クジで決めよう」って話になりかけたのだ。石田は「成人教育部」の委員に立候補するつもりだったのだが、挙手して司会の方に「成人教育部」の委員に、事前に立候補の意思を伝えた方が居らっしゃるか訊ねたところ「居らっしゃる」とのことだったので、すぐに再度挙手して「学級代表に立候補します」と言った。みなさん賛同してくれて、直ちに石田が学級代表に選出された。


 他の係の中にはサクラを募るものもある。もっとひどくて、講演会への動員を意図した係もある。この講演会は、ほぼ動員された方しか聴講しないんだから、もはやサクラですらない。


 ほとんどの保護者の方は、「こんなのおかしい」と気づいてるはずだ。それに気づいてなくても、少なくとも「イヤだ」とは思ってるのだ。おかしいものは正しい状態に変えよう。イヤなことは「イヤだ」と言える状況をつくろう。現状は「イヤ」とは言わせない「空気」と、強い同調圧力によって、それができていないのだ。


 「みんなでつくるPTA」が本当なら、変えられるはずだ。


--
石田剛 IshidaTsuyoshi

関連記事:*4

*1:blog の top に固定するために、日付を細工した。

*2:まったく「免除」ってなんだよ。事前にもらった委員と係を決める要領の資料にも、「これこれの条件を満たすなら免除だ」って書いてある。「免除」ってのは、もともとある義務や役務を免れる場合や、犯罪者が刑の執行を免れる場合に使う言葉だ。こんな場面で使う言葉じゃない。

*3:他にも係を 2つ 引き受けたが、それは些事だ。

*4:「小学校つるいち」は、石田が管理してる、もうひとつの blog だ。