読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

石田のヲモツタコト

書いてるのは 石田剛 です。

鶴一小PTA の現状について、みなさんのご認識を教えてください

小学校 PTA

 石田が 2014年6月5日 に返した e-mail*1 を送信した後、特に本部役員の方から応答は無かったが、その翌日(2014年6月6日)に石田からもうひとつ e-mail を送った。*2

 読み返して、さすがに辛辣な表現がやりすぎだったと感じた。こういうやり方は上手くない。反省している。今後は気をつけよう。

PTA本部役員のみなさま


 おはようございます。
 第3学年 学年代表 石田です。


 運営員会の議題にするにせよ、メールその他で話しあうことにするにせよ、まずは現状を明らかにする必要があります。そのために、 鶴一小PTA について下記の点をご確認願います。それぞれ「はい」か「いいえ」または「わからない」でご回答願います。



Q1 先の運営委員会でお話のあった、文書について PTA会長 の承認を得る手続きは、学級代表の名前で発する PTA学級通信 など、 PTA会長 の名前で発するのでない文書においても、踏む必要がある。*3


Q2 上記 Q1 の回答(A1)が「はい」の場合、それは 鶴一小PTA 内部で定めたルールである。


Q3 上記 Q1 の回答(A1)が「はい」の場合、それは 鶴一小PTA と学校が合意することによって定めたルールである。


Q4 PTA学級通信 は PTA会長 との連名で発しなければならない。


Q5 上記 Q4 の回答(A4)が「はい」の場合、それは 鶴一小PTA 内部で定めたルールである。


Q6 上記 Q4 の回答(A4)が「はい」の場合、それは 鶴一小PTA と学校が合意することによって定めたルールである。


Q7 PTA会長 には PTA学級通信 の配布を学校に依頼することを差し止める強権がある。


Q8 その強権は PTA会員 がもともと持っている権力に由来している。*4


Q9 その強権は、鶴一小PTA と学校が合意することによって付与された強権である。



 ご回答は、本部のみなさんで集約することなく、個別にみなさん個々の認識をご回答願います。一般に PTAは「すべての会員が同じ権利を有し、同じ義務を負う」団体であることに鑑みれば、一部の集団で意見を集約してから述べるのは、極めて不適切であること、ご理解願います。


 石田は下記のように理解しており、そうでなければ 鶴一小PTA は、子どものお手本として、また民主主義を学び実践する団体として、保護者の学びを促す団体として、ものすごくダメだと考えています。



A1 いいえ
A2, A3 回答なし


A4 いいえ
A5, A6 回答なし


A7 いいえ
A8, A9 回答なし



 民主主義や PTA 一般について、みなさんにレクチャできるほど石田は暇ではありませんので、そういう事をご存知でないなら、中学校の公民の教科書を読み返すか、図書館やネットで調べるとかしてください。


 PTA 一般については、 「PTA再活用論」 川端裕人 クラレ が参考になります。ただし、石田はこの本の主張すべてには同意していません。*5


 民主主義については、中学校の公民の教科書が、たぶんいちばん参考になります。「自由論」 J.S.ミル も、重要な本ですが、中学校の公民で教わる内容を理解していない方には、この本は難解だと思います。


 ただし、反省しているのは「上手くなかった」ことであって、内容や表現に問題があったとは考えていない。「もっと、うまくやるべきだったなぁ」ってヲモツテるだけだ。

--
石田剛 IshidaTsuyoshi

*1:Re: 子どもに持たせたお手紙について - 石田のヲモツタコト

*2:タイトルおよび本文にある 鶴一小PTA は、町田市立鶴川第一小学校に通う子どもらの保護者が入会している 鶴川第一小学校PTA のこと。 一字下がりを加え、些細な誤字の類を直したほかは全文。脚注は、このエントリにするときに補ったもの。

*3:石田は、その運営委員会に出席し、資料も読んだし説明も聴いたが、それは明らかに「PTA会長 の名前で発する文書」の話しかしていなかった。だって、「必ず PTA会長 の名前を書くこと」って明記してあったし。

*4:もちろん石田は、そんな強権は誰も持っていないと理解している。

*5:同調傾向が強い性質を指して、「協調性が高い」と述べているくだりがある。これには同意しない。