石田のヲモツタコト

書いてるのは 石田剛 です。

校長からの回答と強い徒労感が健康に及ぼす影響など

 校長からの回答と母語の獲得可能性とか - 石田のヲモツタコト の続き。
 小学校の校長からは 同月17日 に下記の通り回答があった。*1

校長発, 石田あて, 2017年3月17日送信

Q3: 『上記文書は「PTA活動 に興味はあったけどやる機会が無かった方」が、やってみる機会を得る効果は期待できない』との意見に同意しますか。
A3: 私はそもそも上記意見と考え方が違うので同意も否もありません。私は、石田さんのように人のために活動してくださる方は、悲しいことですが、少ないと思っています。


Q4: 『上記文書は「PTA活動をやりたくない方,」「やりたいが難しい方」にとって、やらざるを得ない空気を醸成する効果が高い』との意見に同意しますか。
A4: 私はそもそも上記意見と考え方が違うので同意も否もありません。私は、石田さんのように自分の時間を人のために使おうとする方が多いとは思っていません。


Q6:『ボランティアとは、自発的な意思に基づいてすすべきことであり、「お休み制度」や、それが適用される条件などはあるべきでない』との意見に同意しますか。
A6: 私はそもそも上記意見と考え方が違うので同意も否もありません。


Q7: 〇〇幹教諭*2は、2014年度末*3の保護者会で「子どもには『よそはよそ、うちはうち』ということも教えてください」と、保護者会の出席者に訴えました。これは適切ですか。
A7: 保護者会で、どのような状況の時の言葉かもわからないので、申し訳ありませんが答えることはできません。


Q10: このような文書を配布する団体に、学校施設の一部を占有させるなどの特権を校長が与えていることは、妥当だとお考えですか。
A10: 法的にも妥当だと考えます。


私は、石田さんのように学校のために力を貸してくださったり、自分の子供だけでなく他の子供たちのためにも力を貸してくださったりする方が、増えてくれたらうれしいと思っています。


鶴川第一小学校 中村 雄一

 
 
 Q9 への回答が無かったのは、たぶん、校長がうっかりしただけなのだろう。というわけで、もういちど回答への謝意を述べ、 Q9 への回答を促す短い e-mail を送信した。

石田発, 校長あて, 2017年3月10日送信

回答ありがとうございます。
しかし、未だ Q9 には回答をいただいていません。
石田が示した意見に同意するか否か、ご回答願います。


石田剛

 
 
 Q9 への回答はまだもらっていないが、たぶん近々に届くだろう。最初に「できるだけ」とお願いして、その後、石田から延期を申し出た期限を過ぎてしまったことは、批判すべきことでない。誰でもうっかりすることはある。いただいた回答は不明瞭な部分が多いものの、回答してくれたことは、本当にありがたいと感じた。石田が書いた「回答ありがとうございます」は、紋切り型の挨拶文ではないつもりだ。


 2017年3月23日 追記:
 漏れていた Q9 への回答も、予想通りすぐに届いた。やはり、単にうっかりしていただけなのだろう。

校長発, 石田あて, 2017年3月21日送信

Q9: 『子どもらに「ボランティア」は、他人に押し付けることではないと教えるべきだ』との意見に同意しますか。
A9: 同意します。ALTとの英語の授業でも、アクティビティをするとき、”any volunteer” と、声をかけます。「やりたい人いますか?」という意味だと教えています。


鶴川第一小学校 中村 雄一

 
 この回答を得て、石田からこう返信した。

石田発, 校長あて, 2017年3月21日送信

回答ありがとうございました。
続きは web で。
http://ishidatsuyoshi.hatenablog.jp/entry/20170318/1489789899
http://ishidatsuyoshi.hatenablog.jp/entry/20170319/1489916466
http://ishidatsuyoshi.hatenablog.jp/entry/20170320/1489956892


言うまでもないことですが、続ける必要があるか否かのご判断は、お任せします。


石田剛

追記了。


 次回以降で、校長による回答について、石田の考えを個々に述べていく予定。校長と個別に議論しても、これ以上、議論が深まることは無いだろう。この中村校長とも、前任の村上校長とも、そういう議論を深めようと努力したことがあったが、いずれも徒労に終わった。今の石田には、あのときの徒労感に耐えられる自信が無い。


(たぶん続く)
石田剛 IshidaTsuyoshi

*1:e-mail の引用では冒頭の挨拶部分などはすべて省略した。

*2:e-mail では実名で書いた。この教諭は 2015年度 以来、この校長の部下なので、そのほうがこの校長にとってはわかりやすいと考えた。公開するにあたっては名を伏せた。公開する必要が無いことだから。

*3:実際に校長に送った e-mail では誤って 2013年度 と書いてしまった。公開する際に訂正した。